星野柔道義塾の柔道

星野三郎名誉塾長の信念である「心礼有形礼有」(心に礼有り、形に礼有り)を重んじ、ただ単に柔道で相手に勝つだけでなく、精神的に基本の部分である「挨拶」や「礼儀作法」を身に付けることで、青少年の育成に力を入れています。

柔道では「礼に始まり、礼に終わる」とよく言いますが、星野名誉塾長の教えでは、朝起きて礼が始まり、夜寝る時に礼が終わると、柔道だけでなく一歩進んだ生活の中での「礼」も重んじています。

 

星野柔道義塾は、小・中学生が中心として、柔道の基本から学ぶことができ、稽古を通じて「挨拶」「礼儀作法」「強い精神力」を身に付けることができます。

 

 【稽古の流れ】

 ・準備運動(怪我しないように入念に)

    ↓

 ・ランニング(持久力アップ)

    ↓

 ・補強(腹筋・背筋・腕立て・ダッシュ等、必要な筋力を身に付けます)

    ↓

 ・礼式(全員並んで、塾長・先生方に対して始まりの挨拶を行う)

    ↓

 ・受け身(基本の受け身等を行う)

    ↓

 ・打ち込み(立ち技の練習)

    ↓

 ・乱取り(相手を見つけて立ち技の稽古を行う)

    ↓

 ・寝技の補強(寝技に必要な補強を行う)

    ↓

 ・寝技乱取り(相手を見つけて寝技の稽古を行う)

    ↓

 ・礼式(全員並んで、塾長・先生方に対して終わりの挨拶を行う)

 

 ※水分補給は状況を見ながら随時行っております。